ママ薬剤師、育児と両立しやすい働き方
薬剤師単発派遣 求人ガイド > ママ薬剤師求人 > ママ薬剤師 子育て中の働き方

ママ薬剤師 子育て中の働き方

Pocket

ママ薬剤師 働き方

子育てしている薬剤師さんの働き方は、パートがおすすめです。

旦那さんの稼ぎが十分に高収入であれば、しばらくは育児に専念して・・・といった事も出来ると思いますが、そうではない場合にはママも子育てしながら働きたい、といったケースは多いです。

ママ薬剤師向け求人を探す必要があります。

育児と両立しながら正社員の薬剤師として働くのは、正直なところとても大変です。
託児所完備の調剤薬局などはまだまだ少ないです。
ドラッグストアであれば、運営母体が大きな企業であれば利用出来ることもあります(企業内保育所)。

お子さんがまだ小さい間は、融通が利くパート薬剤師としての働き方がオススメです。

ママ薬剤師 子育て中の働き方、育児の大変さについても。

出産後のママ薬剤師の働き方。子供との時間をしっかり取って両立しながら働くには

ママ薬剤師、育児と両立しやすい働き方

女性が多い職種の一つとして知られる薬剤師

看護師とともに女性が多い職業は?と言われた場合に思い浮かぶ方も多い薬剤師の仕事ですが、やはり女性が多い職種ゆえに、結婚・妊娠を機に退職される方も多いですよね。

妊娠・出産を経て、子育てが少し落ち着いた頃に復職、といった働き方をされるママ薬剤師の方はとても多いです。

正社員としてしっかり働いて稼ぐか。

パート薬剤師として復職。午前中のみ短時間パート勤務で働くか、午後から夕方まで3,4時間働くか。

それ以前に、退職をせずに産休・育休を取得、出産後6ヶ月くらいで復帰してまた薬剤師としてキャリアを積まれる方もいらっしゃいますよね。

出産後のママ薬剤師の働き方も、一人ひとりで様々です。

私もまだまだ育児中で、日々子育てに悩んだり、子供の成長に嬉しい日合ったりと忙しい毎日ですが、育児と仕事のバランス、両立の仕方には悩む事も多いですね。

働いているママが困る事でいつも挙がるものに、

子供の急な体調不良、発熱などによる早退、休み

がありますよね。

どうしたって、今、子供を小児科に連れていかないと!
と言うことも多いです。

育児への身内のサポート体制・バックアップ体制も、働くママ薬剤師にとっては大きな影響がありますよね。

ここはもう、それぞれのご家庭の家族構成、実家の近さ、お互いの両親の子育てへの関わり方によって千差万別。

全くサポートの無いママ薬剤師の方もいますし、3世帯同居、いつでも子供をみてもらえるので安心して正社員として仕事を続けられる、というママ薬剤師の方もいらっしゃいますね。

子供との時間を優先するのであれば、やはりパート薬剤師としての勤務がオススメ

ママ薬剤師の働き方
多分に自分自身の経験も入ってしまいますが、子供との時間、成長を見守りながら働きたいのであれば、やはり時間に融通が利く、

パート薬剤師としての勤務」

が良いと思います。

正社員よりも休みがとりやすいですし、職場によっては勤務時間もシフトで融通が利く場合もあります。

子供が小さい間は、実際、パート薬剤師としての勤務を希望される方はとても多いですよね。

正社員からパート勤務へ切り替えを希望されるママ薬剤師の方もいます。

子育てと両立しやすい働き方であれば、週に2,3日勤務だと体力的にも楽ですし、子供との時間もしっかり取れますからオススメです。

突発的な休みも、正社員と比べるとまだ取りやすいですよね。

お子さんの年齢にもよりますが、つかまり立ち、喋る瞬間、歩く、走る、色々とこれから見逃したくない瞬間が多いというママ薬剤師方は、パート勤務をオススメしたいと思います。

子供の幼稚園行事、小学校行事なども休みの融通が利きやすいので出席しやすいのもありますね。

正社員として働くママ薬剤師

正社員で働くと週5日勤務、残業あり。
土曜日もシフトで半日勤務あり。

など、お仕事される調剤薬剤師やドラッグストア、病院によって働き方は違いはありますが、いずれにしても忙しい事は間違いありません。

子供が小さい間は時短勤務が認められる職場であれば、まだ働きやすいと思いますけれど、そうした短時間正社員制度などがある企業、病院ばかりではないですよね。

また仮に短時間正社員制度があったとしても、転職してすぐにこうした適用されない事がほとんどですから、注意は必要ですね。

ちなみに、短時間正社員制度があるとはいっても、企業によって「子供が3歳になるまで」「子供が小学校に入学するまで」など対応が異なります。

もし、これから子育てしやすい調剤薬剤師などへ転職しておきたい、といったような場合には、求人を掲載している企業の制度などを事前にしっかりと確認される事をオススメいたします。

派遣として働くママ薬剤師

ママ薬剤師の働き方として「派遣」もあります。

派遣も自由度が高い働き方が出来ますね。

ただし同一職場で働ける期間が決まっているのがデメリットといえるでしょうか。

どんなに働きやすい職場であっても、契約更新されない可能性もあります。

逆にいうと、短期間、期間限定で働きたいママ薬剤師の方にとっては好条件で職場探しもしやすいですから、薬剤師派遣の働き方は、メリット・デメリットと両方をしっかり考えた上で就業されるのが良いと思い増す。

1日だけ単発・スポットで働く薬剤師単発派遣の求人を探せる薬剤師派遣会社も多いですね。

ママ薬剤師の働き方、パートで勤務日数・時間を調節

子供の急な発熱で仕事を休む
薬剤師としての雇用形態を色々と考えてみると、やはり子育てと両立しやすい働き方はパートです。

実際、ママ薬剤師の方の半数以上がパートで働きたいと登録することが多いということですよ。

パート勤務の場合には残業無しでも帰りやすい職場も多いですし、保育園などからの子供の発熱、体調不良からのお迎え要請もパートならまだ早退しやすいといった事情もあります。

正社員だと、早退や欠勤が重なると厳しいものがありますよね・・・

パート社員としての勤務であれば、週に2,3日でも良いですし時短勤務も可能です。
午前中のみ、午後2時までなど短いパート勤務も可能です。
扶養内でも働けますね。

保育園や幼稚園行事がある場合には、予め休日希望を出せばほぼ通るでしょう。

子供が小さい間は、働き方に融通が利く方が気持ち的に楽なのでパートはオススメですよ。

時間に余裕が無いと、子供にイライラが向かってしまうこともあるんですよね。

子供あり、ママ薬剤師が働きやすい職場を選ぶ事が最重要!

薬局
育児と薬剤師としての仕事を両立しながら働くには、最も重要なのは、

子育てに理解があり、子育て支援に積極的な職場で働けるかどうか

といえるでしょう。

実際、いろいろなママさんの話を聞いていると、ママ薬剤師が働きやすい職場、働きにくい職場(子供ありママ薬剤師へ理解が無い)とはあります。

そもそも、ママ薬剤師が働きやすい職場としては考えておきたい条件として、

・勤務する薬剤師の人数
・同じように子育てしながら働くママ薬剤師の人数
・シフトの融通

といった事も、薬剤師求人へ応募する前に確認しておきたいところです。

実のところ、急な休みがとりやすいか、直前でシフト変更が出来るかどうかは、職場の薬剤師の勤務体制にかかっていると言っても過言では無いですよね。

ママ薬剤師が働きやすい職場かどうか、といった事を比較・検討するために重要なこうした情報は、薬剤師求人に特化している人材紹介会社、薬剤師紹介会社や派遣会社を通じて、詳しく得る事が出来ます。

パート・バイト薬剤師求人に強い薬剤師紹介会社

といった記事中でも、ママ薬剤師の方が子育てと両立して働きやすい職場、薬剤師求人を多く所有している薬剤師紹介会社について掲載をしています。

これからパート先探し、復職先となる調剤薬剤師などを探そう、というママ薬剤師の方がいらっしゃいましたら、ご紹介しているような薬剤師紹介会社の活用はオススメです。

少しでも育児と両立しながら働きやすい、ママ薬剤師に理解のある職場を選んでお仕事に復帰したいですね。

【関連記事】
ママ薬剤師 お迎えに間に合うパート求人
週1日,2日もOK!パート薬剤師求人。育児しながら働きやすい職場
薬剤師 日曜日バイト


おすすめの薬剤師紹介会社ランキングはこちらから

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket