ドラッグストアでパート薬剤師として働く
薬剤師単発バイト・派遣 求人ガイド > ダブルワーク・副業 > 薬剤師 パート・バイト ダブルワーク・掛け持ちで働くには

薬剤師 パート・バイト ダブルワーク・掛け持ちで働くには


薬剤師 パート・バイト ダブルワーク・掛け持ち

薬剤師さんがダブルワークする際に、「ダブルワーク可の求人」を見つけやすい薬剤師求人サイトをご紹介しています。
薬剤師のダブルワーク(パート・派遣)で働く際に気をつけたいポイントについても掲載しています。
働く時間が増えることで、高時給の薬剤師さんはかなりの高額給与を手にしやすくなります。
土日祝に営業しているドラッグストア、調剤薬局ではWワークOKの求人も多く見つけることが出来ます。
夕方、夜間に働く方法もありますね。
薬剤師さんがダブルワークで働くことは、収入アップにもなりますし、スキルアップにもなります
この記事では、メリットが多い薬剤師のダブルワークについて掲載しています。

薬剤師ダブルワーク、掛け持ちバイトで稼ぎたい方向け求人

WワークOKの薬剤師求人

薬剤師としてダブルワーク、パートやバイト先を掛け持ちして、

「もう少し収入アップしたい」

「もっと違う職場で働いて経験を積みたい。転職を考えるきっかけにしたい」

といった場合。

ダブルワークや掛け持ちでパート・バイト先となる(主な職場として)調剤薬局やドラッグストアをお探しになる場合、休む時間を減らしてでも働く訳ですから、やはり何かしらの理由があるのではと思います。

多いのはやはり「収入アップ」でしょうか。

時給が高い薬剤師のバイト・パート求人ですから、日曜日に1日働く日を増やせば、時給3,000円で8時間、働けるのであれば日給24,000円を普段のお給料にプラスする事が出来ます。

「今、既にパート・バイトとして働いているけれど違う職場で働きたい」

「シフトを増やしたいと相談したけれど、人数が足りているのであなただけシフトを増やせない(他の人が減ってしまう)と言われたので、他でダブルワーク出来るパート先を探したい」

といった意味で、掛け持ちバイト先をお探しになっている薬剤師さんもいらっしゃるかもしれませんね。
転職するほどでは無いけれど、もう少し収入が欲しい、など。

いずれにしても、掛け持ちOK、ダブルワーク歓迎の調剤薬局などで、シフトに融通を利かせてくれやすい職場が多数あります。

そして、そうしたパート・バイト先となる調剤薬局などからの薬剤師求人を多く所有し、効率良く求人探しをする事が出来るところとして、次にご紹介するような薬剤師紹介会社があります。

ファルマスタッフ

エムスリー(薬キャリ)

リクナビ薬剤師

などはダブルワーク歓迎の薬剤師求人も多数掲載されていますので、情報収集に便利です。

登録し、担当コンサルタントにさらに細かい希望条件を伝える事で、働きやすい勤務日数、勤務時間、仕事内容で探してもらう事が出来ます。

自分で求人を探して、直接応募するタイプの求人サイトもありますが、詳しい条件を自分で確認しなければならないなど、面倒さもありますし、非公開求人が見られないデメリットもあります。

薬剤師紹介会社を活用する事で、高時給・好条件の非公開求人も含めて探してもらう事が出来るのは、大きなメリットといえますね。

ダブルワーク先探しですから、そんなに時間をかけて自分で調べる時間も取れないと思います。

薬剤師求人探しに関して多くの事を代行してくれる、こうした薬剤師紹介会社の活用をオススメいたします。

そもそも薬剤師って副業OK、掛け持ち・ダブルワークしても良いの?

薬剤師の疑問
「薬剤師の副業は禁止ですよ」

と言われた経験のある方もいらっしゃるかもしれませんが、結論から言うと、薬剤師の副業は原則として禁止されていません。

ちょっと言葉不足の言い方の例としてあげましたが、副業は職場、働き方によりけりです。

正社員であれば就業規則として副業禁止と規定されている場合もあるかもしれませんが、パート・バイト、に関しては規則の掲載がその箇所に関して無い場合も多いです。
(特に中小企業の場合)

また派遣で就業されている場合には、派遣元となっている派遣会社に相談するすれば、仕事を増やしてくれるなど対応してもらえるでしょう。

副業OKか、禁止かについては正社員についてに話題が多いです。

ただし、管理薬剤師は副業が禁止されています。
他の場所で薬事に関する実務を兼務してはならない、ということが法令により定められていますので、注意が必要です。
(管理薬剤師の方はみなさんご存じかとは思いますが・・・)

ただし、管理薬剤師であっても「勤務先以外で薬剤師以外」で働くのであれば、法律上副業は可能です。

全く関係無いところであれば、本業が副業を禁止していなければ働く事は可能ではあります。

公務員薬剤師も副業は禁止ですね。
薬剤師に限らず、公務員は副業・兼業は禁止されていますね。

もし勤務先が副業に関して規定しておらず、ダブルワークで働く場合には、双方の職場に支障が出ない事が大前提となります。

無理なシフトを入れてしまったり、休息時間が減ることで体調を崩したりと言ったことがないように、体調管理はさらに気をつける必要はありますね。

薬剤師 パート掛け持ち先でオススメの職場

薬剤師求人サイトで調べて、薬剤師が掛け持ちするのに向いている職場をご紹介します。

掛け持ち先によって週1日OK、週1日以上など勤務条件も様々です。

Wワークによる収入アップを目的とされる薬剤師さんが多いと思いますので、高額給与にこだわって探してもみてください。

調剤薬局

パート薬剤師として復職
掛け持ちOKの薬剤師求人が多く見られるのが調剤薬局です。

ドラッグストアと比べて営業時間が短いですから、本業の仕事が終わった後、夕方や夜間に働くのは難しいですが、週1日~OKで求人が見つかることもあり、曜日応相談などであれば十分、掛け持ちパートは出来るでしょう。

薬剤師不足が深刻な地域も多いです。

忙しい時間帯、曜日だけ働ける薬剤師を募集、とパート・アルバイト求人を多く出している調剤薬局もありますので、働き方について融通が利くかどうか薬剤師紹介会社を通じて確認してもらう事もオススメです。

調剤薬局でパート掛け持ち先を探す場合、調剤薬局の数が多く探しやすい事がメリットとして挙げられるでしょうか。

また、勤務する薬局によっては本業とは違う経験(異なる診療科、処方箋)を得ることが出来ますので、それも薬剤師としてプラスの経験となるといえるでしょう。

最近は在宅業務を行う調剤薬局も増えていますよね。

給与に加えて、違う経験をしたい薬剤師さんが掛け持ち先として調剤薬局を希望される事も多いようです。

ドラッグストア

ドラッグストアで働く薬剤師
年中無休、夜間営業も行っているドラッグストアでは様々な働き方で薬剤師を募集している事が多いですね。

調剤併設のドラッグストアが増えている事も、薬剤師の求人ニーズが高い背景にあると言っていいでしょう。

男性薬剤師の方であれば、夜間や深夜割増になる深夜帯のアルバイトをお探しになっているかもしれません。

ママ薬剤師の方がもう少し働きたい、といった場合にも午前中のみ短時間パート、朝から夕方まで週1日~OK、といった勤務条件で探すやすいので掛け持ちパート先としては、有力な職場といえるのではないでしょうか。

休日に1日だけといった働き方でも探すことが出来ますから、本業に合わせて仕事探しがしやすいといえます。

ダブルワーク・掛け持ち歓迎の薬剤師パート求人を探すには

薬剤師紹介会社コンサルタント
前述しましたが、掛け持ち歓迎の薬剤師パート求人をお探しになるには、

ファルマスタッフ

エムスリー(薬キャリ)

といった薬剤師紹介会社をオススメをさせていただいています。

実際こうした求人サイトに掲載されている情報から探してみると、

「掛け持ち勤務可能」

「ダブルワークOK」

といった記載があるバイト・パート求人を多数見つける事が出来ます。

実際、掛け持ちして働く方も多いですから、受け入れ側としてもそうした記載をした方が応募が増える、という事情もあるでしょう。

バイト・パートの薬剤師に求める事は、「ちゃんと働きに来てくれる人」という場合も多いですからね。

働いて欲しい日数、しっかり出勤してくれるパートさんであれば歓迎、と言ったことで募集している調剤薬局などはあります。

正社員でダブルワーク先をお探しの方は、就業規則は前提として確認されると安心かと思います。

また中には、同じ法人が経営数、同系列の調剤薬局やドラッグストアで、近隣店舗を掛け持ち出来る薬剤師を歓迎、といった求人が見つかることもあります。

実際、様々な薬剤師求人を探す事が出来ますから、希望条件で働ける職場探しをしてみてください。

薬剤師がダブルワークするメリット

薬剤師としてダブルワークをするメリットとしては次のようなものを挙げることが出来ます。

収入アップ

薬剤師さんが掛け持ち・ダブルワークする理由で最も多いのがこちらの理由ではないでしょうか。

もっと収入アップしたい

そのためには、働く時間を増やすのが確実な方法です。

休日を利用して土曜日に週一日ダブルワークでバイト。
夕方、夜間の時間帯を利用して掛け持ちバイト。

高時給で働くことが出来る薬剤師バイトですから、日給2万円近くを稼げるお仕事も多いのではないでしょうか。

週1回ダブルワークをすることで、年収100万円アップなども可能です。

パートの仕事が意外と余裕があって・・・とダブルワークでさらにパート・アルバイト先を探す薬剤師の方もいらっしゃいます。

転職するまででは無いけれど・・・もう少し収入アップしたい、とダブルをする薬剤師さんもいます。

スキルアップのため

薬剤師としてスキルアップを図りたい場合、今まで経験のない科の処方箋を見るなどしたい薬剤師さんは多いと思います。

実際に医師がどう処方をして、患者さんがどういった状況なのかを対面で聞いてみることで、実際の知識をどんどん得ていくことが出来るでしょう。

門前薬局それぞれでメインの科がありますから、どうしても学びたい科目がある場合には、ダブルワークは効果的なスキルアップの方法と言えます。

薬剤師のダブルワークで注意すべきポイント

正社員で働く薬剤師のダブルワーク

薬剤師ダブルワーク、注意点
ダブルワーク先をお探しになるにあたり、正社員として働く薬剤師さんの場合には、就業規則で副業が禁止されていないかどうかをまず確認する必要があります。

副業が禁止されている場合には、やはりダブルワークは避けた方が安心です。
(実際にはこっそりダブルワーク、という薬剤師さんは多いのだとは思います・・・)

事情により副業OKと定めている職場、もしくは副業に関しての規則が無い場合には、念のために上司や職場の責任者に副業をすることを伝えておくと後々安心かもしれません。

もちろん、本業に支障が無いことはしっかり気をつけることが必要となります。

パート・派遣として働く薬剤師のダブルワーク

パートや派遣の薬剤師として働く方はとても多いですが、掛け持ちバイトをする方は多いと言えます。

派遣やパートさんに対して副業禁止とする企業はほとんどありません
双方の仕事に支障が無い範囲であれば、ダブルワークも特に問題になることも無いでしょう。

場合によっては、パートとして勤務日数を増やしたいと相談した場合に、断られたのでダブルワークを考えるといったことは少なくないと思います。

派遣やパートとして働く薬剤師さんにとっては、ダブルワークするときの注意点としては、シフト管理、勤務日数が増えることで体調管理が重要となる、といったことが注意すべきポイントといえるでしょう。

ダブルワーク可、薬剤師バイト求人探しにオススメ薬剤師求人サイト

薬剤師としてダブルワークするのに適した職場としては、

・ドラッグストア
・調剤薬局

などがやはり求人も探しやすくオススメです。

お住まいの地域によっては、

・コールセンター

といった求人も見つかることがあります。

こうした職場からのダブルワークOK求人を見つけるには、薬剤師求人サイト利用する方法が効率が良くオススメです。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

Wワークにもオススメ」薬剤師求人を探すなら、求人数が豊富なファルマスタッフがおすすめです。

派遣、パート・バイト、薬剤師求人の数が多いので条件に沿って副業先を探しやすいメリットがあります。

また、高時給、好条件の求人が多く都市部の薬剤師求人にも強いです。

転職、パート・アルバイトも探すことが出来ますが、派遣薬剤師求人の豊富さはやはりがファルマスタッフの特徴といえます。

短期・スポット求人もありますので、期間限定で短期間だけダブルワークをしたいという薬剤師の方も相談されることをオススメします。

稼げる高時給、高給与の派遣薬剤師求人も多数あります。

稼げる働き方をしたい、スキルアップできる職場を見つけてダブルワークしたい、と言った場合にはまずファルマスタッフに相談をされてみてはと思います。

⇒ ファルマスタッフ 公式ページはこちら

薬キャリ(エムスリー)

薬キャリ(エムスリー)

薬キャリ(エムスリー)は業界最大級の薬剤師求人を所有し、WワークOKの薬剤師求人も多く見つけることが出来ます。

都市部、交通機関を利用して都市部から近いエリアでも、時給3,000円以上と高時給の薬剤師求人を探すことが出来ます。

多くの人材紹介会社・派遣会社の求人を横断して探すことが出来るメリットは、大きいと言えます。

⇒ 薬キャリ(エムスリー) 公式ページはこちら


おすすめの薬剤師紹介会社ランキングはこちらから

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓